スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーブル美術館展 in京都

 午後からルーブル美術館展へ。学芸員課程の一環として、博物館施設の見学をしなければならないのですが、正直つらいかも(>_<)
 NoRa+としては「学芸員として見なさい。」というのはなんだかやりにくいのです。同じ見学するんだったら、じっくり1点1点見たいじゃないですか!あまり絵心もないし、芸術を見極めるような目もない私でも、いろいろ見学していくうちにおもしろいなぁと思えるようになってきました。かなり進歩したねNoRa+!フランソワ=エドゥアール・ピコ作「プシュケとアモル」は、人の肌の光の当たり具合や布のふわっと透けた感じがとても美しくてしばらく立ち止まって見てましたルーブル美術館、一度本当に行ってみたいなぁ

 学芸員としてだと絵画の設置がどうだとか、光をどう当てているかとか裏方部分に注目しないといけないので、なんだか作品を落ち着いて鑑賞できない…あとで裏方部分に注目した感想文を書かないといけないと思うと、なんだかプチ・プレッシャーが
 
 それでも芸術を鑑賞することによって自分の感性が磨かれるような気がします本物を見る目を養いたいけど、NoRa+は行かなきゃ行けないという状況にならないときっと行かないだろうと思って、学芸員資格を目指してみることにしたんです。やっぱり今感想文の提出期限が迫ってきて、慌しくあちこち見学しています(^^;)ついでに妹に阪急が開催している「鋼の錬金術師」のスタンプラリーをするように頼まれているので、ちょっぴりドキドキしながらスタンプを押しています梅田駅は親子でスタンプを押している人がどんどん来るので、さっさと手早く押さないと、白い目で見られそうだし…

 さてさて、今からルーブルの感想と、向かいにある京都国立近代美術館の感想を書かないとデスp(`0´)qそして5月の授業を思い出してレポート書かなきゃ(A^_^;)NoRa+は時間の使い方を勉強しなきゃ…

スポンサーサイト

<< 「BASARA」に出会って…  【BACK TO HOME】  人生駆け足!? >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。