スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果が全て。だけど過程も大事。

結果オーライ。

とは言え、短慮な自分にげんなり気味です。

もう少しデリカシーというものを身に付けないと…orz

一度悩み出すと足がすくんでしまって動けないような人間なのですが、
そのブレーキがなんらかの弾みで弛むと
あっという間にアクセル全快急発進してしまう傾向にあります。

それが必ずしも悪いことではないけれど、時と場合によるもので。

自分のことならまだしも人様のことは
もっと配慮すべきだよ。
ちょっと軽率過ぎるゾ自分ヽ(`д´)ノ

今回は本当に良い方向に事態は向かったけど
もっとデリカシーを持ちましょう、大人なんだから。

さてレッスンでは
『いかに自分が台詞を説明しようとしているのか』
ということを痛感。

気持ちをつくって
役になりきって

とは言うものの、全然気持ちが足りてない。
何もない。
ゼロ。

『隣のおばあさんが寒(かん)30日カン念仏を申したと申しましたが
申したことやら申さぬことやら、申さぬことやら申したことやら、
申したら申したと申しましょうが
申さんからには申したと申しませぬ。』

という言葉だけで、言葉とは全く違う内容を表現する課題。

私の充てられた内容は、お巡りさんに

『彼氏と立ち話をしていたら
知らないオジサンが私のオシリを触ってきて
彼氏が怒ったらそのオジサンがナイフを出して
彼氏を刺したんです!』

というものです。

身ぶり手ぶりは有りだけど、ジェスチャーはダメ。

講師の総評。

「君達はセリフを充てられたら、気持ちも出来てないのにやろうとする。
だから気持ちを伝えるよりセリフの説明になってるんだ。
お前らがセリフを言うなんてまだまだ早いんだよっ!!!!」

「どんなに自分はもっとできるハズだと思って
『私はこう解釈したので、こんな風にやりました。』と言ったって、
気持ちなんてこれっぽちも出来てないんだ!
言葉を尽して弁解して、訴えても
出来てないんだよ!!!!
気持ちなんか何もない。
お前らゼロなんだよ!!!!」

むぅ…
充てられた内容を考えて、お巡りさんににどうして欲しいのかを考えて動いたけど、
それが間違いだったことに気付かされました。

どう間違いかは言いません。

だけどお腹が痛くて病院に行ったらドクターに
「お腹が痛いんです。」と言いますよね。
「へぇ、それで?」と返すドクターはいませんよね。

その「お腹が痛い」って言葉の中に込められた気持ちは何かってこと。
みなまで言わなくても、普段は通じるんだよね。
一つ一つの言葉に気持ちがあるから。

何があっても気持ちありきなんだよね。

昨年の駄目だしにあった
「カタチはあるけど記憶には残らない。
きれいにまとまってる。
もっと人生経験を積んで下さい。」云々。

なんか今日のレッスンで
その駄目だしの意味がわかったような気がします。

頑張ろう。
スポンサーサイト

<< 自主休講(笑)  【BACK TO HOME】  相棒とリズムに○るぜ! >>


◆ コメント ◆

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。